2018/12/05 21:53

東京に住んでいる時。
自電車を少し走らせて食べに行く
ごはん屋さんがありました。

疲れた体が安らいで、がんばれそうな
そんな、優しいごはん。

いつしかお店は遠くに移転し
私も東京を離れ
思い出だけの味となりました。

先日小豆島の知人宅に招かれて頂いたごはん。

作ってくださったのは家主と
あのお店の料理人。

まさか東京で出会ったあの味を
小豆島のプライベートディナーでいただけるなんて。

奇跡とはこんなことを言うのかなと思います。

食べ物だったり、モノだったり
音楽だったり、言葉だったり。

色んな事に感銘を受けて
今の私は成り立っています。

いつしか,私も
誰かの記憶に残るモノが作れたら。








  • Home
  • About
  • Blog